ドアホンと電話機 (1)機器構成を検討

カラーテレビドアホンVL-SV190KPテレビドアホンを入手したので設置したい。 また固定電話機も古くなったのでこの機会に同時に交換して使い勝手よくしたい。

新しくするドアホンと固定電話機関係の機器構成を検討する。

現状

ドアホン(インタホン)

以前設置していたが壊れたまま放置状態。子機のボタンを押しても鳴らないので知らないうちに返っていく宅配屋サンもあり。

電話機

パイオニア製の古い物(マイクロカセット式の留守番機能付き)を使用しているが、無線式の子機とFAX機能がないのが不満。

希望

  • 門と玄関両方にドアホン子機が欲しい。
    門を開けていることが多いので直接玄関まで来る人があるため
  • ドアホンの対応を電話機でできること。かつ2Fの子機でも対応できること
  • 電話機はFAXを受信できる
    受信する機会はたまにしかないが、もし有った場合は確実に受信したい
  • 電話機は無線子機が一台以上あること、留守録機能があること
    (有線子機は1F・2F間の配線が大変なのでNG。配管は有るがLANと親機のTEL線で満杯)
  • 費用が安いこと
    ドアホンを「どこでもドアホン」にすれば簡単だが、高くつく。手持ちのテレビドアホンと電話機との組み合わせで安く実現したい。

候補の機器構成

テレビドアホン

手持ちのPanasonic社製VL-SV190KP(上記写真)
録画機能無しの最もシンプルなタイプ。秋葉原で安かったのを偶然見つけて買っておいたもの。

ドアホンアダプタ

Panasonic社製VE-DA10-H(写真右)
ドアホンアダプタ商品写真   電話機にドアホンを接続するアダプタ。
・インタホンに電話機で応答できるようになる(音声のみ)
・もう一台ドアホンを増設できる。
・対応機種はPanasonic社製対応機種のみである。
(アイホン製ドアホンにも使えるという情報もあります)
手持ちの上記テレビドアホンは対応OK。

電話機

おたっくすジュニアPanasonic社製VE-GP62

ある量販店で安売りされていたのを見て、「おたっくすジュニア」なる機種を初めて知った。
おたっくすジュニア子機 おたっくすジュニア親機

  • 無線子機一台付属留守番電話機
  •  FAX機能
    ・FAXは受信のみの機能、液晶窓で確認する
    ・印刷はSDカードの保存し、PCで行う
    PCで行えばきれいで拡大等も自由で良い。
    (PCで印刷できれば、FAX付き電話機のインクリボン式の印刷部はスペースの無駄と思う)
    ・FAXの送信は原稿もパソコンで作成することが多いのでパソコンで行えば良い。
    手書きにしたければはプリンタ複合機のスキャナを使用すれば良い。
    PCにモデムが必要になるが別途検討する
  • ドアフォンアダプタ対応。
    同じPanasonicなので同社のドアホンアダプタで接続できる。子機も使用可。
    デザイン面では色がグレイのみしかなくイマイチ

詳しくはPanasonicのおたっくすジュニアを見て欲しい。

結論

おたっくすジュニアはFAXが受信機能のみというのはユニークだが、PCとプリンタ複合機があるならぴったりの仕様であり、気に入った。
上記システムなら低コストで必要な機能要求を満たしてくれることがわかったので、これでいく。

さっそく、テレビドアホン以外の機器の入手にかかることにしよう。


続編記事

ドアホンと電話機  (2)設置
前回の記事ドアホンと電話機 (1)機器構成を検討の計画どおり、電話機とドアホン周りの機材を揃えて設置を行った。 使用する機器 電話機 Panasonic おたっくすジュニア VE-GP62DL  ...

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る