ナチュラルクリーナー(重曹、セスキ、過炭酸)をキッチンで活用

台所常備のエコクリーナー3種

最近テレビでもちょくちょく紹介されている「ナチュラルクリーナー」がマイブームです。

この記事ではキッチンでの活用を紹介します。

なお、本記事では通称の「ソーダ」(曹達)を用いていますが、化学名は「ナトリウム」です。例えば「重曹」は「重炭酸ソーダ(曹達)」の略称ですが、化学名は「重炭酸ナトリウム」です。

キッチンのシンク下に常備

上の写真のようにキッチンの流しの下の棚に3種類のナチュラルクリーナー剤を常備して、必要なときさっと使えるようにしています。

シンク下に常備しているナチュラルクリーナー剤の種類

種類は重曹(重炭酸ソーダ)、セスキ炭酸ソーダ、過炭酸ナトリウム(過炭酸ソーダ)です。
いずれも見た目は白い粉で、水に溶けると弱いアルカリ性になります。

クリーナー剤を容器に移し変えて使用

クリーナー剤は通常ポリ袋などに入っていますので、適当な容器に移した方が使いやすいです。

上の写真の入れ物は百均(meets)で買ったもので、蜂蜜の容器に似た料理用の保存容器です。色が3種あったので使い分けていますが、よりわかりやすくラベルも貼っています。

上部の色つきの部分はネジ式でとまっており、外すと透明部分の口は直径約32mmありますが、粉を入れるとき漏斗が有った方が楽です。色の部分は二つに別れ、先はネジ式のキャップになっています。使うときはこれを外して適量を出して使うわけです。

キャップを外したときの孔は直径約4mmです。
セスキと過炭酸は良いのですが、重曹がさらさらでなく固まりもあるのでやや出が悪いです。それで先を5mmほど切って孔径を約6mmに拡大して使っています。

【追記】ダイソーで蜂蜜ポットという同様な容器を見つけました。こちらは孔径が約8mmと大きいので重曹用にピッタリです。(2016/1/1)

キッチンでのナチュラルクリーナーの活用

重曹(重炭酸ソーダ)

何かと用途の広い重曹はキッチンでも大活躍です。

灰汁抜きなど調理に

重曹は食用グレードを買っていますので、膨らし粉としての他、山菜の灰汁抜きや肉・魚類・野菜を柔らかく煮るのにも使えます。

鍋などの焦げ付きには重曹

焦げた鍋に1カップ(180cc)程度の熱湯を入れ、その中に重曹大さじ一杯を入れて10分くらい沸騰させます。そのあと火を止めて冷めるまで自然放置するとコゲが浮き上がってきます。

それでも頑固なコゲ跡が残った場合は、その部分に直接重曹を振り掛けて固めのスポンジやタワシなどでこすります。この場合、重曹の粉は磨き粉として働くのです。
硬くて取れない部分は竹串や竹箸なども使います。金属のタワシやヘラは鍋に傷をつける恐れがあります。

但し、アルミやアルミ合金製のお鍋の場合、アルカリと反応して黒ずんでしまうので使えません。湯だけで煮沸してクリームクレンザーを試してください。

セスキ炭酸ソーダ

洗濯では「アルカリウオッシュ」として知られていますが、キッチンでも活躍します。

油汚れに最適

重曹よりアルカリが強いので油汚れに最適です。

水に溶かしたセスキを浸み込ませた布で(または対象にスプレーして)拭けば、レンジ周りのひどい油汚れもよく取れます。

油汚れのフライパンや鍋は、まず液状の油分が残っている場合はキッチンペーパーで吸い取ります。次にセスキ(粉)を適量ふりかけ、お湯を入れてゆするだけで油汚れが浮いて簡単に取れます。先に焦げ付きには重曹と言いましたが、油分の多い焦げ付きにはセスキが効果的です。

油汚れがひどい食器はあらかじめセスキを溶かしたお湯に漬けておくと良く落ち、使用する食器洗剤が少量で済みます。

食器のヌルヌルしたべたつき取りに

弁当箱などプラスチック製品は食器洗剤で洗ったあとすすいでもヌルヌルしたべたつきを感じることがあります。セスキを少し振りかけて水洗いすればすっきり取れます。

セスキスプレー

セスキはあらかじめ水溶液にしておいてスプレーとして用意しておくと便利です。標準的には水500ccに対し小さじ1杯ですが、汚れのひどいときは濃くします。

過炭酸ナトリウム

過炭酸ナトリウムは水に溶けると炭酸ソーダになり、アルカリ剤として働くとともに、酸素を発生するので、殺菌・漂白効果があります。

布巾の付け置き殺菌

布巾の付け置き殺菌に最適です。塩素系より取扱が楽でつんとする匂いもしません。

シンク周りの汚れヌメリに

布巾以外のシンク周りや三角コーナー、排水口のカバーやゴミ受けの汚れ・ヌメリ取りにも効果的です。

お湯をはった洗い桶に三角コーナー等を入れ、お湯2リットルにつき、大さじ一杯の過炭酸ソーダを入れ溶かします。20分以上放置した後スポンジ等で洗えばきれいになり、同時に除菌もできます。一緒にプラスティックの洗い桶についたヌメリやザラツキもこすれば、キュキュットとなりますよ。

竹細工の汚れの漂白に

私は竹細工のかごに入れておいた生ものを腐らしてしまう失敗をよくやるのですが、ついた汁で竹が黒っぽく変色してしまいます。これも上記ヌメリ取りのようにすれば漂白できます。一回では完全にはきれいになりませんので、溶液を換えて何回か繰り返します。

排水パイプの清掃

過炭酸ナトリウムの酸化力と発泡の力でパイプに貼りついた汚れをはがします。

石鹸百科|過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)の使い方:掃除による方法が一番良いと思い、私も実践していますので紹介します。

  • パイプが完全に詰まっているときは、事前にラバーカップなどで詰まりを取り除きます。
  • 口から届く範囲のパイプの中の汚れを歯ブラシなどでできるだけ落としておきます。
  • 50℃ぐらいの湯を注いで排水口内部を温めてから、中に過炭酸ソーダ大さじ2杯強を入れます。
  • 200~400ml程度のお湯を少しずつ排水口に流し入れ、過炭酸ナトリウムの泡が上に上がってくるのを確認します。パイプが長くて泡が上がってこなくても、中のほうでシュワシュワと発泡している音が聞こえれば問題ありません。
  • そのまま1時間からひと晩放置し、お湯でよく洗い流します。
食器洗い機用の洗剤として

アルカリと漂白作用で食器の汚れやくすみもすっきり洗い上げます。食器洗い機にこもるイヤな臭いにも効果的です。使用量は、4~5人用の機種で小さじ1杯(約5g)が目安。食器の量や汚れ具合によって加減します。

手洗いにも。茶渋、餅等のこべり付きも簡単【追記】

もちろん、手洗いのときの洗剤としても使えます。

永年の間に急須の奥についた茶渋の汚れは、スポンジが届きにくくなかなか取れません。
また正月の餅を作るときの器や雑煮などお供えするへぎ等、木の生地のままの器に残るこべり付いた汚れは、お湯でもなかなか取れません。

これらの汚れも過炭酸ナトリウムを使えば簡単に取れます。
過炭酸ナトリウム適量を50度ぐらいの湯に溶かし、汚れの部分を浸して30分程度放置しておくだけです。途中ゆすったり、ブラシを併用すると早く落ちます。仕上げは普通に洗って水ですすぎます。

40℃以上の湯で使う

過炭酸ソーダの使用上の注意点は、お湯の温度が40度以上ないと殺菌・漂白効果が薄れるということです。

まとめ買い

ナチュラルクリーナー剤は腐るものではない上、少量づつ買うより、まとめ買いしたほうが随分お得です。

重曹25kg入りを買った

25kg入り重曹 税込み送料込み3,240円
(クリックでストアへ)

重曹は入浴剤などこれから消費が増えそうなのでまとめ買いしてみました。

Nichiga Yahoo!ショッピング店で

  • 重曹25kg
  • 東ソー製(国産)
  • 食品添加物
  • 税込み3,240円【送料無料】

(右の画像をクリックするとストアへ飛びます)

女性が配達してくれた
重曹25kg入り

配達された25kg入り重曹

女性配達員でしたが、最初留守でないのを確認してから、25kgもあるのに難なく抱えて持ってきてくれました。

普通の女性の外見だったがさすがプロ、私の家族では10kgの米でも必ず男の仕事です。

品物は米袋か肥料袋のような外観ですが、袋は2重になっており、内側はナイロン製でした。

1kg当たり130円

amazonで「重曹1kg入り」で検索すると330円以上しますが、上記を計算すると1kg当たりたった130円弱です。

例えば、重曹風呂の入浴剤として半カップ(約100g)を使うとすれば、13円です。これなら毎日重曹風呂でも安いものです。残り湯は洗濯にも使えます、というよりアルカリ剤なので洗濯にはプラスの効果なのです。

保管方法

保管は湿気対策が必要

内袋がナイロンになっていたことからわかるように、長期保存するときは密閉して湿気を防ぐ必要があります。

ペットボトルがお手軽

2リッターのお茶のペットボトルに小分けして保存している方がおられます。小分けするとき漏斗が要りますが、一番手軽な方法でしょう。

ただ、我が家には2リッターのペットボトルがなく、1リッターでは数が多くなり過ぎます。

保存用容器も買った
ASVEL ウィルキッチンボックス 12L S70
税込み955円(クリックでストアへ)

それで保存容器をネットで探したところ丁度良いのが見つかりました。

ケンコーコムYahooショッピング店で

  • ASVEL ウィルキッチンボックス 12LS70
  • 容量12リッター
  • シリコンゴムを使った密閉型
  • 値段は税込み955円

この店は1,900円以上で送料無料です。
(右の画像をクリックするとストアへ飛びます)

私は送料無料のつもりでこのケース2個を注文しましたが、税抜きの額であることを見逃していて送料がかかってしまいました。このストアは品揃えが幅広いので小物を追加して調整しましょう。

保存容器に移し入れた重曹

重曹25kgを12L容器2つに移した

注文した容器が届いたので早速袋から移し替えてみました。

右の写真のように2個で25kgが全部入り、まだ余裕があります。

保存に場所を取りますが、我が家は田舎で無駄に広いので…

余談ですが、最近Yahooショッピングが楽天に対抗して頑張ってます。ポイントサービスが半端ないですね。5のつく日に、店独自の10%ポイント付加も加わり、合計27%もTポイントをもらえました。時限ポイントなので近いうちにまた買うもの考えておかないと…

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る