刈り払い機の刃を止めているボルトが固いのを緩める

今年は9月に入っても雨が多く、草がよく伸びて草刈りに忙しいです。

使っている刈り払い機の刈り刃がチップが取れて切れなくなったので取り替えようとしたら、取り外せなくて困りました。

【追記】レンチが空回りしてボルトを回せない場合の対処法を追記しました。(2017.7.20)

ボルトが堅くて緩まない

ボルトが固く固着して緩まないのです。刃が危ないし、安定した状態で力を加えることが難しい。潤滑剤のクレ556を吹き付けても効果がありません。

外せない理由

外せない要因としては、以下のことが考えられます。

左ネジである

ご存じのように、このボルトは刃の回転方向からして緩まない方向である左ネジになっています。逆に言うと、ショックがあるごとに締まる方向に働いて固くなります。

刃を固定しにくい 安定しない

刈り払い機を裏返しに置いて、刃の回転を止めながらレンチを回すのですが、刃の位置が安定せず、力が入りません。

付属レンチがちゃち

刈り払い機にはボルト用のレンチが付属していますが、小さくて力が入らない。またボックス部が板金製で精度がいまいちで滑りやすい。

ボルトの頭が擦り減ってレンチが空回りする【2017年7月20日追記】

先日、兄が「刃を外せない」と言ってきたので駆け付けたところ、ボルトの頭が擦り減って角が取れ、丸くなっていました。サイズがあっているはずなのにレンチが空回りしてしまいます。

通常刈り払い機には、右のようなボルトの頭を保護する凹みがある「ボルトカバー」がついています。

兄の刈り払い機には、新品のときからかどうかわかりませんが、この凹みがなく、直にボルトの頭が出ています。そのため使用中に擦り減ってしまったのです。

固くなった回転刃固定のボルトを緩める方法

私が外した方法

上記問題点を克服すべく、次のようにして外すことができました。

  1. 安全のため手袋をする
  2. 刈り払い機を裏返しに置く
  3. 重い万力で刃を挟む
    少し大型の万力で刃を挟みことにより安定して固定できます
  4. レンチを当て、棒をハンマーで叩く
    叩くショックにより緩めます

実際の様子が、下の写真です。

刈り払い機回転刃の取り外し

左手でレンチのボックス部を刃に直角に押しつけ、右手に持ったハンマーで叩きます。

手元にあった大きなハンマーを使いましたが、普通サイズのトンカチでよいです。
また、今回は付属レンチで外れましたが、しっかりしたボックスレンチかスパナの方が良いでしょう。

レンチが空転して回せない場合【2017年7月20日追記】

レンチが空転して外せない場合は、次の二つを試してください。

  1. 力の入る大きいプライヤで掴んで回す

    前記の兄の草刈り機は通常のプライヤでは回りませんでしたが、水道用のプライヤ(右のような形の物)を使って回すことができました。

  2. ボルトの頭を削って角を作る
    完全に丸くなってしまっているとプライヤでも滑って回らないことがあります。この場合はやすりやグラインダーでボルトの頭を削って角を作り、プライヤや万力で掴んで回します。

ボルトとボルトカバーの交換

角が取れたボルトは新品に交換が必要です。左ネジなのでホームセンターなどには在庫がなく取り寄せになるかもしれません。ネットでも売っています。

また、ボルトの頭を保護するカバーがない場合や擦り減ってきている場合は、新しいボルト保護カバーを取り付けてください。

新しい刃への交換とアイデア商品

古いのを外すことができたので、新しい刃を取り付けたのが下の写真です。

交換後

新しい刃を取付(裏面)

交換後表

新しい刃を取付(表面)

早速使ってみるとサラサラと気持ちよく草が刈れます。♪(゚▽゚*)

ボルト保護カバーと応用製品のジズライダー

前出の写真を見ればわかるようにボルト保護カバーが擦り切れていたので、壊れた草刈り機から部品取りしたものに交換しています。

更にこのボルト保護カバーを発展させた「ジズライダー」なるものが市販されています。

地面に付けて滑らすように使います。その効果は

  • 刈り際を安定させ、地面を削らない。生え際を残して刈れる
  • 重量を支えなくてもよいので腕や足腰への負担が軽減される
  • 刃が小石に当たらず、割れやカケの心配が減る

さらい君

上の表側の写真で、取り付けている棒状の器具は「さらい君」という、刈った草を寄せることができるというアイデア商品です。草の後始末が楽になり、田畑の畦や水路の側溝など草を落とせない場所で役に立つというものです。

実際の使用感は、確かに草の飛び散るのが減り、左方向に草を寄せられますが、完璧ではありません。また、使っていると草が絡まり付いてくることがあり、作業を中断して除去しなければいけません。取付位置を調整してましにはなりましたが。

現在売っているものはプラスチック製で、左右両方向に寄せられるタイプもあります。

ツル巻き付き防止カッター

なお、中央の刃物はツルなどの巻き付き防止カッターですが、一応効果はありますが期待しすぎないことです。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る