象印電気ポットCV-TS22の修理

電気ポットの沸騰が止まらなくなり、ついには壊れてしまいました。

修理できる自信はなかったのですが、内部構造への興味から分解を始め、結果的にはネット情報に助けられて修理できました。

商品と故障状況

象印「VE電気まほうびん 優湯生」品番CV-TS22

商品は象印のVE電気まほうびん 優湯生 品番:CV-TS22(2011年製)です。早く沸騰するし、沸騰後の保温温度の設定もできます。口が広いのでジャム作りで瓶ごと煮沸するにも便利に使っていました。

故障状況

最初は沸騰してから自動でヒーターがオフになるまでの時間が長くなる症状でした。それがだんだん悪化して、酷いときはお湯がすべて蒸発するまで沸騰し続けて、異常温度上昇を検知してやっと切れることがありました。それで、沸騰したら手動でコンセントを抜いて対処して使っていたのですが、そうこうしているうちにお湯が沸かなくなってしまった。

表示を見ると2011年製で、寿命としてはやや短い気がする。故障原因が電子部品だとすると部品入手が困難で修理は難しいかもしれないが、中の構造にも興味があり、どうせ捨てるならとダメ元で挑戦してみることにした。

分解

底蓋を外す

気ポットの底面

電気ポットの底面をみると右の写真のようになっていました。

素人が分解しにくくするためか、いじり止め付きトルクスネジが使われています。(橙色の丸印)

トルクスネジ過去記事で紹介していまが、下のビットセットのT20サイズを使って外せました。

底板を外したところ

底板と回転リングを外すと右のようになっていて、新たにビスが3本見えます。

緑の丸印が外カバーを、青の丸印はACプラグの受け口を固定しています。
これらのビスを緩めて外しましたが、外カバーを引いても動きません。

上部を分解

上部から見た電気ポット

それで上部から固定しているところがあるのではないかと推測しました。

右は製品上面の操作部です。

この表示シートの下に固定ネジが隠されているのではないかと思い、シートをめくることにしました。

めくった表示シートの裏側

周辺の隙間にカッターの刃を入れてなんとかめくれました。

右のように両面テープで貼り付けtてありました。

シートをめくった下

シートを取った下は、右のように黒い樹脂板で、操作ボタンが並んでいます。

さらに、見えている2本のビス(ネジ)を外します。

操作部の基板

すると樹脂板を取ることができ、プリント基板が現れました。

基板上の部品には外観上の異常ははありません。

結局、底を固定しているビスなどは、見当たりませんでした。

分解成功

上部は見当外れでしたので。もう一度底部から分解にトライします。

ACプラグ受け口の取り外し

ACプラグ受け口を外す

底部のプラグ受け口の固定ビス(前記写真の青丸印)を外しているので、右のようにプラグ受けが外れます。

プラグ受け口は外に引き出せますが、サイズが穴より大きいので内部側には引き込めません。

ACプラグ受け口の裏側

更にプラグ受けを引き出して裏側を見ると、右のように光っていました。

これは薄い板で、引き抜く(写真で上方へ)ことができました。

ACプラグ受け口の内部

すると右のように内部が見え、電線がナットで固定されています。

ナットを緩めて電線を樹脂部品から外し、線のみを内部に引き込むことができました。

外カバーを外す

もう一度思い切って力を入れて外カバーを引き抜くと、とうとう外カバーを外すことができました。内部は下のようになっています。

外カバーを外した底部の状態(写真はあとで撮ったもの)

 下は、横から見たところです。

外カバーを外して横から見た状態 (写真は後から撮ったもの)

点検と故障部位特定

底にある白いボックスの蓋を開けてみると制御基板がありました。

制御基板点検

下が開けたボックスの内部です。見えているのはプリント基板の部品面でこの面には銅箔がない片面基板です。

制御基板。右下の黒い箱がリレー

外見上は特に異常ありません。

次に基板を外して裏側を見たのが下の写真です。こちらが各電子部品間の接続を行う銅箔面です。

制御基板の裏面

こちらもハンダ付けの異常などは見当たりません。

ここまでで外観でわかる異常はありませんでした。

通電テスト

もし、制御ICや温度センサーの故障?となるとやはり故障部品の特定が難しく、見つかったとしても部品の入手が困難です。やや諦め加減になってきましたが、通電してどこまで電気が来ているかぐらいはテスターで調べるてみることにしました。

何回か電源を接続を行っているうちにヒーターが熱くなっているではありませんか。通電するようになったのです。ただし、ジイー、ビビーと音がします。

電源投入時にカチッと音がするのは、リレーが動作する音なので当然なのですが、その後のジイーなどという言う音は異常です。この音もリレーの方向からないので、リレーが故障している疑いが濃くなりました。

ネットで調査すると、リレーの問題が多発している

これはネットに情報があるかもと思い、調査したところ、象印の電気ポットで沸騰が止まらない故障は頻発していて、その原因はやはりリレーであることがわかりました。

リレーの仕様

上記プリント基板の写真で右下にある黒い箱が当該のリレーです。表示には

  • 品番:Tyco Electrinics 製 品番:PCDF-112D2M
  • 駆動電圧:12V 接点容量:15A(125V以下で使用の場合)

となっていて、ネット情報によるとオムロン製の同規格品があり、MonotaROで売っているとのこと。

リレーの品質について

リレーは構造が簡単で容易に作れますが、長期使用で劣化してくると

  • 接点がくっついて離れなくなる・・・沸騰が止まらない
  • 接点が接触不良になる 接点に電気が流れない・・・お湯が沸かない
  • 着いたり離れたりを繰り返す・・・ジーと言う音がする

という、今回のような不良症状が現れます。

長期に渡ってこのようにならないよう寿命保証するのは難しく、OMRONやPanasonic等は積み上げた品質ノウハウがあるのです。

象印は、基本設計はオムロン製のところをコストが安い互換品を採用したのでしょうが、長期耐久性という品質確認に抜けがあって痛い目にあったということでしょうか。

修理

OMRON製リレーの入手

オムロン製リレー(表)

ネットの情報のとおりMonotaROに

OMRON「G5CA-1A-TP-E DC12V」

の販売があり、早速発注しました。

右が入手したものの表面側です。見えている銅製端子にAC100Vを接続し、オン・オフします。

オムロン製リレー(裏)

右が裏面です。

左の4本の端子は表側のAC端子と繋がっています。

右の細いピンは、直流12Vを供給してリレーのオン・オフを制御する端子です。

リレーの交換

基板から外したリレー(故障品)

基板についている古いリレーを外します。

ハンダ吸い取り線を使ってハンダを取り除きました。

右が取り外したリレーですが、裏側のAC端子が2本しかありません。

プリント基板にはちゃんと4本分の穴があり、そのままOMRONのリレーを取り付けることができました。(というか本来こちら用の設計なのでしょう)

組み立て

ポットの蓋を外すためのロック機構部品

部品交換ができたので組み立てを行います。分解から時間が経過したので迷いながらになりました。

右の樹脂部品は、ポットの蓋の付け根の部品です。白がロックする爪で黒を押すことによりロックが外れ取り外し可能になる構造です。当然向きがあるのですが、なんとか正しく組めました。

元に戻したACプラグ着脱部

右はACプラグの着脱部です。

組み上がったので試験をしようとしたらプラグがとまりません。中央の金属板がなく磁石が効かなかったのです。

再度分解して、落ちていた金属板をつけました。

通電試験

 早速水を入れて試験しましたが、問題なく動作しました。

表示シートの修復

 後はめくってしまった表示シートを元に戻す仕事が残っています。
まず、表示シートに残っている古い両面テープを百均のシールはがしで取り除きました。
次に改めて周辺に両面テープをつけ、元の位置に貼り付けて下の写真のようになりました。周辺に若干凸凹が出てしまいましたが、まあ許容範囲内ということで…。

貼り付けた表示シート

反省点

最後に反省点を2つ。

まず最初にネットで調査すべきでした。

ネットにリレーの故障の件の情報がありました。分解の仕方の情報もあり、先に調べていたら、無駄に上部操作部を分解しなくて済みました。

分解時に写真を撮っておくべきでした

直らないだろうと思って分解時に写真を撮っていませんでした。(説明の写真はすべて組立時のもので代用しています) 今回部品入手などで時間が経過してから組み立てることになり、記憶が薄れて苦労しました。経過写真を撮っておくべきでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る