庭の桃がもうじき食べられそう 7月12日今日この頃

桃

写真はまもなく収穫時期を迎える庭の桃です。

桃の苗木が順調に育っていますの記事で紹介しているように、4年ほど前に植えたものです。当初こそ順調でしたがその後は余り成長が良くなく、まだ木が小さいままです。それでも実がなるようになり、今年は10個ほどが収穫を待っています。

我が家は色々な果樹を植えていますが、私が一番期待しているのは桃の木です。熟れた桃は、他の果物にはない甘さとみずみずしさがあり、たまらなく好きです。特に自家栽培なら樹上で完熟させた果実を味わえる醍醐味があります。

桃は、中国の黄河上流域原産のバラ科モモ属の落葉小高木で、中国では昔から不老長寿を授ける「仙果」呼ばれ、日本ではおとぎ話の「桃太郎」が有名ですが、いずれにしても縁起のよい果実といえるでしょう。

春に咲く桃の花も美しく、桃の花に囲まれ春の日差しを楽しむのはまさしく桃源郷でしょう。

その開花時期は、桜よりやや早い三月下旬から四月上旬です。桃の節句は3月3日で桃の花を供えますが、どういうことでしょう?
これは旧暦の3月3日は、現在でいうと一カ月遅い四月上旬くらいなので時期はあっているのです。新暦になって時期がずれてしまったわけで、ひな祭り用に売っている桃の花は温室栽培のものが多いようです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る