花菖蒲(はなしょうぶ)と似たもの仲間の区別

この時期、花菖蒲(はなしょうぶ)の庭園が綺麗ですね。我が家にも咲いています。

花菖蒲に似たものに、菖蒲(しょうぶ)、黄菖蒲(きしょうぶ)、アヤメ、杜若(かきつばた)等があり、外観が似ていて漢字もまぎわらしくややこしいですが、区別がつきますか?

私の知識もあやふやなので、この際調べてまとめてみました。

庭に咲く花 花菖蒲

最初に、我が家の庭に咲いている花を紹介します。放任ですが、小さな池の端に毎年咲いてくれます。

花菖蒲

今年も咲いた花菖蒲

似たものの区別

菖蒲(しょうぶ)は種類が違う

まず、菖蒲湯の菖蒲(しょうぶ)はアヤメ科ではなく、別物のショウブ科(もしくはサトイモ科)で花は全然似ていません。葉が似ているだけです。花菖蒲は菖蒲(しょうぶ)に葉が似て花が綺麗という意味でしょう。

あと、菖蒲という漢字は、「しょうぶ」と「あやめ」の両方に使いますからややこしいです。

あやめ、杜若、花菖蒲の区別

「いずれがあやめか、かきつばた」と言われますが、これは甲乙付けがたい美人二人の例えですね。

アヤメ、杜若、花菖蒲の3種はいずれもアヤメ科アヤメ属で、紫の花と細長い葉が似ていて見分けがつきにくいです。以下に違いをまとめてました。

 あやめ かきつばた はなしょうぶ
 漢字  菖蒲  杜若  花菖蒲
生育場所  陸上の乾燥地  水湿地  陸から水辺の半乾燥~水湿地
 背丈  30-60cm  50-70cm  80-100cm
 葉  細長い葉で
葉脈が目立たない
 長くて幅広で
葉脈が目立たない
 葉に白い筋があり
中央に葉脈がくっきり見える
 開花時期  5月上旬  5月中旬  5月下旬~6月下旬
 花の大きさ  小輪  中輪  大輪
 花弁の付け根  大きな網目模様  細長い白い模様  細長い黄色い模様

一番確実に見分けられるのは、花弁の付け根の模様です。

我家の庭の花を拡大してみたのが下の写真ですが、大きな花弁の付け根に目の形の細長い黄色い模様があります。網目模様でもなく、確かに花菖蒲です。

花菖蒲拡大2

庭の花の拡大

黄菖蒲

5月中旬頃、我が家の別の場所に下の写真の花が咲きます。

元々は紫の杜若が咲いていたのですが、次第に黄色い花が混じるようになり、今では全て黄色い花に変わってしまいました。花期から黄色い杜若だと思っていました。

黄菖蒲

黄菖蒲 2015年5月16日撮影

ところが、今回調べてわかったことは、黄色い杜若は存在せず、これは黄菖蒲(きしょうぶ)だとわかりました。

黄菖蒲は黄色い花菖蒲という意味で、同じアヤメ科で確かに花色以外は似ています。
実はこれは外来種で繁殖力が強くて湖沼や河川などへの拡散が問題となっている、環境省指定の「要注意外来生物」なのです。

花色が変わったわけは、杜若(花菖蒲だったかもしれない)が生えていたが、次第に繁殖力の強い黄菖蒲が取って代わったということのようです。確かに黄菖蒲は勢いが強いので、範囲をもっと限定して広がらないようにしていこうと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る