我が家にロボット掃除機がやってきた 8月31日 今日この頃

以前は「ロボット掃除機なんて高嶺の花だよね」と思っていましたが、最近はルンバ以外にも各社から安い機種が出ていてその評判も悪くありません。丁度狙いを付けていた商品がアマゾンのタイムセールに出て2万円未満で買えました。

購入した機種

今まで聞いたことがないILIFEというブランドで、価格は安いのに購入者評価がとても良いです。

特に右のV5s Proという機種は水拭き掃除機能があるというので、どんなものか試したくてこれに決めました。

届いた箱は2重梱包で好感が持てました。開けてみると中身は水拭き機能のための部品や交換用予備フィルタなど、下の写真のようにたくさんありました。基本的には本体、充電スタンド、電源、リモコン(電池を含む)が必要なワンセットです。

使ってみて

掃除能力は○

綿埃がびっくりするほどたくさん採れます。

そして残った高いところの埃が目立つようになりました。先にハンドワイパーなどで埃を落としておく必要がありそうです

自動動作

タイマーで自動掃除する機能がついています。自分で充電に帰ります。

総じて賢いですが、完全ではありません。障害物は特にコード類は苦手です。カーペットにひっかかったり、たま低いところに落ちることもあります。

我が家では下のような使い方になりそうです。

  • 田舎の家はワンルームではないので部屋ごとに区切って掃除する。
  • 近くにいる時に動作させ、トラブルがあった時は助ける
動作音

それなりの動作音があります。かえって隣の部屋で掃除しているときも動作が確認できて良いです。

ペットのよう

この機種はランプが2個あり眼のように感じられます。写真のように私が使っている椅子の下に潜り込んでくることがあり、脚にまつわりつく猫のようで可愛いです。

水拭き掃除機能

これは部品の組み換えが必要ですので、まだ使っていません。

片付ける習慣

掃除の前に床に置いている物を片付けなければならないので、整理する習慣がつきます。(^◇^;)

働くママの三種の神器

ロボット掃除機食洗機全自動洗濯乾燥機を合わせて働くママの三種の神器と呼ぶらしいです。時短家電の三種の神器とも言われます。

我が家の場合ロボット掃除機を今回購入し、食器洗い機は20年以上前のナショナル(現パナソニック)製ビルトインタイプですが、故障知らずで今も現役で働いています。

洗濯機だけはドラム式が主流になる前の一槽式全自動洗濯機です。ドラム式にしない理由は

  • 洗濯物干場に屋根があって雨の心配がなく、乾燥機を必要としない
  • ドラム式の節水効果は水道料節約にならない
    我が家の水道使用量は、最低額(定額)に達していませんので、これ以上節水しても料金は変わりません。
  • 今の洗濯機のつけ洗いコースが気に入っている
    つけ洗いコースは汚れがよく落ちるので愛用しています。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る