スイカの糠漬け

スイカの糠漬け

右の写真はメロン、ではなくスイカの糠漬けです。

7月19日の写真歳時記にスイカをカラスにつつかれたと書きましたが、もったいないのでそのスイカを糠漬けにしてみたのです。

カラスに食われたスイカ

カラスに食われたスイカ今回カラスに食われたスイカが写真のようにたくさんあります。

前回「糠漬けを始めました」で紹介したように糠漬けを始めているのですが、スイカを漬けたことはなく、食べたこともありませんでした。 食べた後のスイカの皮を漬物にする記事を読んだことがありますが、歯形が残っていそうで気分的にいやでした。

今回、食われたスイカを処分するにあたり、もったいないので糠漬けを試してみました。

スイカを糠漬けにする

以下の手順で漬けました。

  1. スイカの糠漬け仕込み 洗ってカラスに食われた部分を取り除き、食べやすい大きさに切ります。
  2.  中の将来赤くなるやわらかい部分はとり除き、周囲の硬い部分のみにします。皮はつけたままです。
  3. キッチンペーパーなどで水分をぬぐい糠みその中に入れ込みます。
    右の写真はわかりやすいように撮っていますが、この後全てスイカ見えないように埋め込みます。
  4. きゅうりと同じく半日ほどで漬かります。洗って糠を取り除き、皮を包丁で切り取って出来上がりです。 頭初の写真を参照ください。

味は、きゅうりより少し甘みがあってなかなかいけます。

なお、スイカは水分が多いので糠床に水がたまりやすいです。 布巾かキッチンペーパーで水分を吸い取るか、新しい糠を補給して調整します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る