落ち葉の掃除が楽になるブロワバキューム

%e7%b5%84%e3%81%bf%e7%ab%8b%e3%81%a6%e5%ae%8c%e6%88%90

ガーデンシュレッダーに続いて、庭の手入れが楽になる機械「ブロワバキューム」を買いましたので紹介します。

落ち葉の掃除に欲しいブロワバキューム

我が家では庭の落ち葉などの掃除は昔ながらの熊手や箒(ほうき)を使っています。さすがに熊手は竹製ではなく金属製ですが。

一方自治会で行う神社境内の清掃ではエンジン式のブロワを使っています。ブロワで周囲の藪に追いやるか、吹き寄せて最後に箕(み)ですくって捨てます。

家庭用にもブロワ(吹く)とバキューム(吸う・集塵)の機能があるものが市販されていて

  • 枯葉、剪定屑の葉っぱの掃除
  • 土間の掃除
  • 芝刈りでのサッチの掃除

などが楽になるという。吹き寄せだけでなく落ち葉を吸い込んでくれるバキューム機能付きが欲しくなりました。

エンジン式はバキューム機能付きは余りなく、家庭用には大げさな感じです。充電式はパワー不足と継続使用時間が短いのが欠点です。ACコンセントから電源を取る電動ブロワバキュームは、扱いやすく価格も安いので家庭に妥当と思われます。

AC式電動ブロワバキュームの調査と比較検討

家庭用に販売されているAC式ブロワバキュームを調査し、主な機種を以下の比較表にまとめました。

家庭用電動ブロワバキュームの各社の製品比較

 メーカー リョウビ マキタ アルミス キンボシ ミナト
 品番 RESV-1010 MUB0710 ABK-1000W GTC-1250 MBV-1000 MBV-1010G
外観
外形サイズ 90.5×
17.4×40
106×
21×41
126×
16×33
81.5×
19×23.5
120×
18×34
12.6~13.4×
16×40
重さ 3.2kg 4.5kg 3.9kg 3.4kg 3.25kg 5.7kg
消費電力 1050W 1100W 1000W 1250W 1050W 1200W
吸込ノズル穴 円形
φ96mm
円形 φ96mm 円形
φ90mm
長方形に近い8角形 7角形 7角形
ブロワ風速 65 m/s 70 m/s 135 m/s 45 m/s 75 m/s 83 m/s
集塵風量 9.5 m3/分 10 m3/分 10.9 m3/分 9 m3/分 12 m3/分 15 m3/分
パワー調節 2段階 6段階 5段階 不可 6段階 6段階
筒の長さ
調節
不可 不可 不可 10段階 不可 3段階
肩掛け
バンド
別売 付属 付属 付属 付属 付属
ACコード 延長式
10m付属
延長式
10m付属
延長式
付属無し
本体直付け
10m
延長式
付属無し
延長式
付属無し
集塵袋
材質・容量
布製 25L 布製 25L 不織布 45L 不織布 35L 不織布 40L 不織布 40L
税込価格 amazon 12,528円 13,198円 6,980円 10,270円 9,547円 10,780円
楽天 10,080円 12,074円 6,780円 10,200円 8,280円 9,980円
Yahoo!ストア 13,154円 12,239円 7,756円 9,973円 8,280円 9,980円

※価格は執筆時(2016年9月10日)に調べた消費税・送料込みの販売価格で、クリックするとそれぞれの販売ページに飛びます。

【追記】

今日ホームセンターのカインズに行ったらMBV-1000と同じ形で色違いのAC-1200が7,480円で売っていました。しかも10mの延長ケーブル付きです!!(2016.10.15)

ミナト MBV-1000を選択

選択に当たって重視したのは以下のポイントです。

  • 重量
    長時間抱えて使うものですから、軽量であることは重要です。
  • パワー調節
    エンジン式ブロアを使った経験からブロア、バキュームともパワー調節が必要と考えました。
  • 日本ブランド
    製造は海外であっても、やはり国内ブランドの方が品質、アフターサービス面で安心できる
  • 価格

キンボシGTC-1250は筒の長さが調整できて良さげなのですが、パワー調節がありません。価格でアルミスABK-1000Wにも心惹かれましたが、結局日本ブランドで安心できるミナトのMBV-1000に決めました。延長コードは付いていませんが、私は手持ちがあります。

上記楽天・Yahoo!ストアの価格はミナトの直販店のものですが、通常直販店は一般の販売店に配慮して安くはしないのに、ここはダントツに安いです。

おかしいなと思って調べたら、ミナト電機工業は製造会社ではなく、九州福岡に本社がある総合機械販売店でした。創業は昭和23年(1948年)で、各種産業機械の修理、設置工事業(モーターコイル巻線、自動車電装機器の修理、各種ポンプメンテナンス)などを得意とした整備工場として発足しています。それで会社名は製造会社みたいなんですね。

ミナトブランドの商品は中国メーカーに作らせているOEM製品でしょう。安い理屈はスーパーのオリジナルブランド(プライベートブランド)と同じですな。

入手したMBV-1000とその組み立て

届いたMBV-1000

%e6%ae%b5%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e6%a2%b1%e5%8c%85ミナトのYahoo!ストア店で発注し、すぐに届きました。

写真が届いた段ボール箱です。比較用にペットボトルを置いていますが、思ったより小さくて軽いです。

散扱説明書を見ると一年の保証期間がついていました。

MBV-1000の組み立て

開梱すると、うまく重ねて入れてあり、下写真の部品が入っていました。

%e9%83%a8%e5%93%81

箱から出した部品など。下部ノズル(大)は上部ノズルに入っています

組み立て作業

組み立ては以下の手順で行うが、説明書どおり行えばむつかしくない。

  1. 補助ハンドルを本体に差し込んで取り付け
    評価では組み立ては補助ハンドル挿入が固いという方が多かったが、確かに力は必要だが手ではめることができた。
  2. 上部ノズルに下部ノズル大・小を組む
    差し込んでビス止めする。
  3. ローラーを下部ノズルに取り付け
    差し込んでビス止め
  4. 本体に取り付け
    差し込んでビス止めする。
  5. 肩掛けベルトを取り付け
  6. 集塵袋を取り付け

下は完成した姿で、やはりかなり大きい。収納は壁に縦に引っ掛けるようにしたほうが良さそうだ。

%e7%b5%84%e3%81%bf%e7%ab%8b%e3%81%a6%e5%ae%8c%e6%88%902

上側の太い筒がバキューム(吸入)用で、下側の細い筒がブロワ(吐出)用。吸入と吐出の切替えはレバー式。パワー調整は6段階ダイヤル式。

気づいたこと 製造の品質管理がやっぱり中国生産
  • ラベルシールの張り方が雑
    空気が入っていたり隅が浮いていたりきれいに貼れていない
  • 汚れがあった
    泥汚れのようなもので、布でふいても取れなかった。シールはがしを使ったら取れたので粘着剤がついたところに汚れがついたのだろう。
  • 樹脂の変色
    隅の方が灰色が褐色に禿げたようになっていた。塗装不十分かもしれない。

使ってみて

実際に使用してみた感想

早速使ってみました。

軽い

まず最初に大きさの割に軽い印象です。肩掛けベルトもありますが、これなら長時間使用時にも疲れにくいと思います。

パワーは十分だが音は大きい

吹き寄せ、吸い込み共、風力パワーは十分です。音はそれなりに大きいので、気になるときは6段階調節の最低にしても風量的には使えます。

7角形の筒が隅の掃除に良い

下左の写真は筒先の部分ですが、吸気筒の断面は円でなく変形7角形になっています。使ってみてわかったのは、これはコーナー部分の吸い込みができる工夫だったのです。(右写真)

%e7%ad%92%e5%85%88%e3%81%ae%e5%bd%a2

筒先部分

%e9%9a%85%e3%81%ae%e9%81%a9%e5%bf%9c

コーナーの集塵

筒の長さは丁度

筒の長さは調節できないタイプですが、私(身長174cm)には丁度良い長さでした。肩掛けベルトの長さを調節できるので、大概の人は適応できると思います。

バキューム時埃っぽい地面だと吸い込んだ砂埃が集塵袋から出てきます。ズボンが汚れるのは覚悟して、ひどいときはマスクもしたほうが良いでしょう。

粉砕機能

説明書にないが、吸い込んだ葉っぱは粉砕され体積が減る。使ってみると内部の羽根に当たり粉砕されているのが音で分かるが、石ころは吸わないようにしないと寿命を縮める恐れがある。

集塵袋

紐でコネクタ(アダプタ部品)の溝に括り付ける方式ですが、袋の取り外しはコネクタごと行えるので面倒ではありません。ゴミ捨ては底についているチャックを開けて行います。リョービの製品は布に落ち葉がくっついて困るそうですが、これは不織布でそんなことはありません。代わりに耐久性はそれほどなさそうで、交換用部品として1,240円(送料別)で売っています。玉ねぎの袋を使っている人もいます。

【追記】最近リョービのブロワバキュームを使う機会がありましたが、集塵袋の目が細かいので埃が少ないです。また厚みがあってしっかりしており耐久性もありそうです。反面目詰まりして吸引力が弱くなりやすい欠点があります。(2017.7.18)

製品満足度

ネット上で一部に「なんとなくきゃしゃな感じです」と評価されている。確かに頑丈なつくりではないが、通常の使い方で壊れるとは思えず、実用上全然問題ない。むしろ樹脂の厚みが薄い分、軽量化に貢献していると思われる。

前記の外観上の小さな問題点はあったものの、機能的には満足です。外観は屋外掃除に使うのですからすぐ汚れますし、外観が完璧で値段がぐっと高いよりは、この値段で入手できることの方が良いです。

後は耐久性ですが、一年保証がついていますし、故障時の店の対応が良いとの評価があるのであまり心配していません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る