大吟醸のような紙パック酒 10月30日今日この頃

今日は台風の影響で気圧配置が西高東低の冬型になり寒くなりましたね。今夜は鍋にしました。

鍋のおともには日本酒が合います。私はカン酒は苦手で冷酒が好きです。大吟醸だったら言うことなしですが、値段が安い紙パック酒も馬鹿にできません。冷やして飲む辛口タイプなら結構おいしいです。

先日スーパーで銀色一色のデザインの「菊正宗 しぼりたて銀パック」というのを見つけました。

「驚きのフルーティー 大吟醸と飲み比べてください」「かつてない香りと味わい」「食卓をもっと上質に ~日常酒向上宣言~」とキャッチコピー。

大吟醸のようにフルーティー

買って帰り味わってみると、確かに吟醸酒に負けないいい香りでフルーティー。甘さがあるがベタベタした感じのないあっさり系で、後口は表記どおり中辛で納得。

その味わいは本物の大吟醸とは少し違うが、コストパーフォーマンスにたいへん優れている。

火入れを一回しかしていない

通常日本酒は品質保持のため2回火入れして味が変化しにくくしていますが、この酒はフレッシュ感を保つため火入れが一回のみです。そのため保管管理が重要で、製造日の新しいものを買って冷蔵庫で保管するのが良いでしょう。パック酒は冷蔵庫に納まりが良いのがいいです。

右のようにアマゾンでも売っていて、レビューも高評価です。好き嫌いがあるかもしれませんが、画期的な商品であることは間違いありません。

スーパーで安く売っています。(私は1.8Lを1200円代で買いました)
是非貴方も一度お試しあれ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る