ブログをWordPressに移行してみて良いところ

wordpress-logo-stacked-rgb

新ドメインへのDNS切換が浸透するのに時間がかかりましたが、それも安定したようで無事WordPressへ移行できました。

FC2ブログからWordPressに移行して今日で3日目になりますが、実際に移行してみて体感していることを紹介します。

 良いところ

wpXサーバーのメリット

表示スピードと安定性

wpXは評判どおりブラウザの表示が速くて安定しており、非常に気持ちがいい。

検索で上位にあがるサイトでも表示されるまで長いものがある。そんなときは待ちきれなくて次の順位のサイトに行ってしまうことが多い。そんな遅いサイトは、サーバーがレンタル料が安いがロリポップだったりする。 速いことは大切である。

WordPress上での作業でも遅さを感じることはなく、ストレスなく作業できます。

自動バックアップ

FC2では自分でバックアップをとらなければならなかった。
wpXでは手動でバックアップできるほか、自動で過去2週間分のバックアップをとってくれます。

実は今回、トラブルで早速バックアップを使うはめになってしまった。復帰したい日付を指定するだけで簡単に復帰できた。実に簡単である。
ただ、私のミスであるが、新しく書いたこの記事のバックアップを忘れ消えてしまった。
( ̄▽ ̄;)!! それでこの記事は思い出しつつ2回目を書いている…_| ̄|○

WordPressのメリット

(WordPressとそのテーマは一体なので判断が難しく、以下のWordPressとSimplicityの区分は適切でないかもしれません)

投稿ページ以外に固定ページがある

FC2では苦労して一般記事以外の「特別なページ」を作っていたが、WordPressでは最初から投稿ページとは別の「固定ページ」が用意されています。

親子カテゴリーと重複指定できること

FC2でも簡易型の親子カテゴリがあったが、WordPressでは親子はもちろん孫以上でも深く設定できる。但し、余り深いと検索エンジンが迷うらしいので、私は親子までにしています。

それにもまして良いのは、記事を複数カテゴリに重複設定ができることです。記事をどのカテゴリに分類するかは人により考えが違うので難しいのですが、どちらに入れるか迷った時は重複して入れておくことで、訪問者が迷わず記事に到達できます。

投稿日と最終変更日がある

FC2では大きな変更をした場合、記事日付を変えて、別途初稿日を表示したりしていました。WordPressには「投稿日」と「最終変更日」の両方表示されるのでそんな気遣いは要りません。ただどんな小さな変更でも最終変更日が変わります。

その上、変更経過の各リビジョンが残っており、過去リビジョンへとの比較や復帰もできます。

記事中の画像サイズ変更が自由

FC2で記事中に画像をサムネイルで表示するとき、サムネイルのサイズは画像のアップロード時に指定します。周辺との関係でサイズを変更したいときには、再度アップロードしなければなりませんでした。
WordPressでは記事に画像挿入する時にいくつかの選択肢からサイズを選びますが、後でビジュアルエディタ上でドラッグするだけで自由にサイズ変更できます。

トップメニュー

ナビメニューとかグローバルメニューとも呼ばれるもので、ヘッダーの下の位置にカテゴリや固定ページをメニュー形式で選択できるものです。マウスカーソルを持って行くだけで子カテゴリが表示されるのでわかりやすいのです。以前から欲しかった機能ですが、今回あっさり実現しました。

関連記事

FC2ブログでは自分で関連記事を埋め込んでいたが、WordPressでは標準装備です。関連はカテゴリとタグどちらかを選択し、表示件数を指定します。

Simplicityテーマのメリット

SNSボタン

私自身SNSはまだなじみがなく時代に取り残されている感じで、これから取り組むべきだと思っていた所でした。Simplicityに標準装備なので手間をかけず設置できてありがたい。

 パンくずリスト

その記事がサイト全体でどの位置にあるのかを、ディレクトリツリーのような形で表示してくれるもので、標準装備です。

lightbox

画像をその場で拡大するJavaScript(ジャバスクリプト)で、私はFC2ブログで自力で導入していたもの。Simplicityではこれが標準装備になっている。今回の移行でFC2から記事をインポートしたが、何もせずともそのまま正常に動作しています。

カテゴリ別人気記事

人気記事についてはWordPressに機能があるのですが、更にSimplicityのウイジェットではカテゴリ別人気記事もできる。当ブログの場合対象ジャンルが広いのでこの機能はたいへん有効です。

サムネイル付きリンク

人気記事や関連記事など、記事リンクにサムネイルが付けられ、わかりやすい。

カスタマイズしやすい

Simplicityは標準のままでレベルの高いブログができますが、私のようにカスタマイズすることも考慮されています。その上、サポートフォーラムでカスタマイズについても作者や詳しい人が回答してくれるのでありがたい。

FC2の各種サービスは継続利用できる

FC2ブログで使ってきた下記の3つのサービスは、移行後も使えています。FC2ブログとは別サービスになっているからで、ブログを退会しても継続使用できるはずです。

FC2訪問者カウンター

Google Analyticsがあれば訪問者カウンターは不要だという意見もありますが、訪問者に一定の参考になるほか、自分自身もよく見ています。

FC2アクセス解析とアクセスランキング

FC2ブログでは月間のアクセスランキングを集計してきましたが、今回一応継続しています。人気記事があるので訪問者向けには不要かもしれません。

FC2拍手とそのランキング

SNSになじみのない方はまだ多いと思われますので、拍手は必要と思っています。

いまいち不満なところ

全体として良くなったことばかりで、移行して良かったと思っている。

レンタルサーバー代(wpXの場合1,080円/月)がかかる事は承知の上でしたが、しいて不満を言えば、以下の点です。

WordPressのエディタ

不慣れもあるでしょうが、やや使いにくいです。

FC2のビジュアルエディタは使いにくかったので使用せず、テキストエディタで、文書構造がわかりやすいよう字下げや改行を多用していましたが、表示には影響しませんでした。

WordPressのビジュアルエディタは’使える’ので、テキストエディタとを行き来して記事を書いています。ただ、ビジュアルエディタに移って再びテキストエディタに帰ってくると、スペース、改行などが勝手に削除されています。
文書構造を見やすくするスペース、改行と表示上のスペース、改行の扱いは難しいでしょうが、もう少し工夫できないかなと思います。

HTML規格に厳格

WordPressのHTML規格の適用が厳格のようです。

例えばインライン要素とブロック要素の区別です。
インライン要素中にブロック要素が含まれていてもFC2では大目にみてくれていたのですが、その記事をWordPressにインポートしたら、勝手にブロック要素を分離独立され、表示が崩れてしまいました。

また、これまで多用してきた<br clear=”all” />が無視されます。対策は<div style=”clear: both;”></div>に置き換えてうまくいっています。

これまでのいい加減さを叱られている気がします。

トップページにフロント記事と記事一覧を表示したいのだが

私のトップページのデザインは、フロント記事(写真歳時記)を置き、その下に記事一覧を置くスタイルが望みである。FC2では

[FC2ブログ]トップページにフロント記事欄を追加
FC2ブログで「トップページにフロント記事欄を追加」を中心にしたサイトリニューアルを紹介します。

で紹介したようにカスタマイズして実現しました。

残念ながらSimplicityにはそのような配慮がありませんので、簡単には実現できません。
【追記】ver1.8.7で機能が追加され、容易に実現できるようになりました。ただし、リスト表示の状態ではlightboxの機能が働きません。(2015-9-24)

最終的にはlightboxも含め希望通りに実現できました。詳細は下記記事を参照ください。(2016/1/12)

[WordPress]トップページにフロント記事と新着一覧を表示する方法
トップページの新着順記事リストで最新記事だけ大きく表示するとか、特定の記事だけを大きく取り上げる表示をしたいという要望は多いと思います。ここでは、当ブログのフロント記事「写真歳時記」のように、「特定の記...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る