写真歳時記

過去の記事で紹介しましたが、滋賀県竜王町に室町時代のものと推定される石造の仁王尊が残っています。来る6月23-24日には年に一度の千日会(せんにちえ)という行事が開催され、仁王尊像が御開帳されます。

この仁王尊は阿形しかなく、ペアである吽形仁王尊は山に埋もれてしまったと伝わっていたのですが、数年前になんと金沢市の今枝地区で祀られていることがわかりました。この記事はその金沢の石造金剛力士像(仁王尊)への訪問を紹介します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る