靴底に泥がつきにくい長靴

横ぬかるんでいる畑に入ると、土が粘土質ということもありますが、靴の底に泥がいっぱいついて困ります。

重くて歩きにくいし、歩いた後の庭などに泥が落ちて汚れます。

先ごろ、いい長靴を見つけたので紹介します。

底に泥がつかない長靴が欲しい

長靴の底につく泥がなんとかならないかと探すと、平底タイプで泥がつきにくいという右の長靴(ゴム長)が見つかりました。

ネットでも泥がつかないとの評判ですので、少し値段が高いですが購入してみました。

購入した長靴

下が購入した長靴ですが、好みのデザインです。写真では少し青みがかかっていますが、実物は黒色です。

横

後

前

靴底の形状は下のようになっています。深い窪みが無く。土踏まずもないので泥がつきにくいのでしょう。

底2

実際に使って見る

履いてみると、かかとが低く慣れるまで少し違和感があります。

雨の後、さっそく芋掘りに使いました。地面が濡れていても滑ることは有りません。
期待したとおり、使用中泥で靴が重くなったりしませんでした。

上がるときに靴底を見ると泥が少しついています。それでいつものように草むらに靴底をこすって拭き取る所作を一回したあとの靴底が下の写真です。

使用後の靴底

使用後の靴底

このように残る量が僅かで、この後水たまりに入りシャバシャバするだけで簡単に取れました。

結論として、泥が「つかない」ことはありませんが、「つく量が少なく、取りやすい」ので、一般の長靴に比べて格段の改善です。愛用していきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る