旧八幡郵便局 7月20日今日この頃

旧近江八幡郵便局

近江八幡市で開かれていた金澤翔子の書展を見に行って(別記事金澤翔子 特別展 於近江八幡で紹介)帰ろうとして出たところ、直ぐ斜め前に写真の建物がありました。旧八幡郵便局〔1921(大正10)年築〕です。

ウイリアム・メレル・ヴォーリズ(日本名:一柳米来留)の設計によるもので、近江八幡市内に24棟残っているヴォーリズ建築の初期のもの。現在はコミュニティー施設として一般公開されていた。

ヴォーリズ建築の有名なところでは大阪・心斎橋の大丸百貨店、京都・四条大橋近くの東華菜館、校舎改築問題で(深夜アニメ「けいおん!」のモデルとしても)全国的に話題となった滋賀・豊郷小学校旧校舎などは知っていたが、資料によると国内で確認されているものだけでも、住宅:164棟、学校・図書館・寄宿舎:118棟、病院:6棟、教会・音楽堂・講堂:114棟、銀行・会社・アパート:24棟とすごい数である。

米生まれのヴォーリズはキリスト教の啓蒙精神から1905(明治38)年滋賀県立商業学校(現・八幡商業高校)の英語教師として来日し、2年後建築設計事務所を開き、続いて結核療養の病院、メンターム製造販売の製薬会社、教育では近江兄弟社学園、図書館等、人々のために展開した事業は今も引き継がれ発展している。

ヴォーリズと彼の建築についてもっともっと勉強したいと思う。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る