IEで特定のページが表示されない不具合

ieではこのページは表示できません

メインマシン(Windows7)のInternetExplorer9で、以前は表示できていたwebの特定のページが表示されなくなった。

原因が特定できず、新規ユーザーに移行してやっと解決した。以下その対応策の記録です。

不具合内容

  • IEのエラー表示は「Internet Explorer ではこのページは表示できません」
  • 自動エラー検索トラブルシューティングでは原因不明
  • OSはWindows7 64bit sp1

エラーが起こるのはHTTPSのページの一部のみなので、何かセキュリティ関係かと思われる

対策

ネットで検索するとこの手の不具合は多いようである。
今回の症状と関係ありそうな以下の対処手順を試した。

  1. SSLのオプション変更
    現状設定:SSL2.0オフ、SSL3.0オンをいろいろ組み合わせ変更
    (後で考えると変更していないので関係ない)
  2. インターネット セキュリティ スイートやファイアウォールを一時的に無効にする
  3. IE をアドオンなしで起動する
  4. 閲覧の履歴を削除する
  5. Internet Explorer の設定をリセットする

ここまで効果なし。

6.新規ユーザーに移行する

新規ユーザーアカウントを作成し、そのユーザーでログオンして IE を起動する。
(参考情報  Microsoft ユーザー アカウントを作成する

これで表示できるようになった。新規ユーザーでは問題ない。旧ユーザーに戻るとエラーである。

何が悪かったのか、明確な原因はわからない結果となった。
「新規にユーザープロファイルを作成する」対策はXPの時代から、どうしてもわからない不具合に有効な対策であったが、7でも変わっていないようである。

新規ユーザーへの移行

ie9の不具合は致命的なので、新規ユーザーに移行することにする。
ユーザーの移行にあたっては、面倒だがプロファイル移行作業などが必要になります。今回以下のようにしました。

1.必要なプロファイルデータのコピー

新規ユーザーでは「お気に入り」や「デスクトップ」が新しく作られてしまうので旧ユーザーのデータをコピーする。

Windows7では他のユーザーのプロファイルを直接読めない。
このため 下記二つのフォルダを旧ユーザーから一旦別の場所(Dドライブなど)にコピーしておき、次に、改めて新ユーザーでログインして読み込む。

コピーするもの

・[お気に入り]
・[デスクトップ]

2.アプリの設定しなおし

アプリの設定やデータは個別に対応する
・IMEの設定
・Moneylookの再設定(設定のエキスポートとインポート)

3. 旧ユーザーのプロファイル削除

不要になった旧ユーザーアカウントを削除する。

以上でやっと対策完了。

なお、この移行方法は簡易的な方法です。下記記事で詳しく紹介しています。

Windows7でプロファイルの移行-Windows転送ツール
前記事IEで特定のページが表示されない不具合と、WHSサーバーへのアクセス時パスワードを聞いてくるのトラブル対策で新規ユーザーを作って対処したが、その場合これまでのWinndows環境を新規ユーザーにそ...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る