MS Office IME2007からMS IMEに戻す

IME追加後(部分)

ある日、Windows7デスクトップ機で入力しようとしたら、まともに日本語変換ができない。見るとIMEがIME2007に変わっている!

Office Personal 2007をインストールした時、知らぬ間にIME2007が導入されたようだ。
IME2007はweb検索すると「だめだめ」という評判だったので、Windows7付属のIMEに戻すことにした。

MS Office2007はおせっかいにも[既存入力言語]のMS IMEを削除していたので、その復活から必要になった。

ついでにMS IMEの変換キー操作をATOK風にカスタマイズする方法も紹介します。

MS Office IME2007からMS IMEに戻す

1.削除された入力言語(キーボード)MS IMEを復活

①[コントロールパネル]-[地域と言語]-[キーボードと言語] タブで
[キーボードの変更]ボタンを押すと下記パネルが開く

IME変更前
②[追加]ボタンを押すと[入力言語の追加]パネルが開くので一番下までスクロールして   [日本語]の[MS IME]にチェック後、[OK]を押す。

MSIMEの追加
元のパネルに戻ると、MS IMEが追加されている。

追加後

2.規定の言語を[MS IME]に変更

上部の[規定の言語]のプルダウンから[日本語(日本)-Microsoft IME]を選んで変更する。 (上記画像は変更後のもの)

3.IME2007は使わないので削除

①画面下部の[Microsoft office IME2007]を選択し、[削除]ボタンで削除する
[既定の言語]を[Microsoft office IME2007]以外に変更しておかないと削除できない。

【追記】後になって次の記事を見つけた。同じ問題状況や、上記とは別の方法を書いている   知らないうちにOffice付属のIMEに切り替わる現象を解消する

MS IMEの変換キー操作をATOK風にカスタマイズ

ちなみに私は日本語入力変換はATOK派でMS IMEをATOK風のキー設定に変更して使用している。 MS IMEにはATOKほどの賢さはないが、変換時の操作ミスによるイライラは軽減される。

以下カスタマイズ法です。

  1.  前記[テキストサービスと入力]画面で[MS IME]を選択して[プロパティ]を押し、[MS IMEのプロパティ]を開く
  2.  下記設定変更を行う
    • [編集操作]-[キー設定]:MicrosoftIME→ATOK風
    • [ローマ字/色設定]-[色設定]:MicrosoftIME→ATOK風

MS IMEのATOK風カスタマイズ

もちろんこの他にも[変更ボタン]で細かい設定変更が可能なのでお好みでどうぞ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る