プルーンジャムの作り方

リッツL

今年はプルーンが豊作でした。

プルーンは洋風で口に合わないのか、カラスなどには食べられずたくさん採れるのですが、一度にたくさん食べると腹をこわしたりします。収穫後傷むのが早いので、干しプルーンやジャム等に加工するのが良いようです。

私も今年初めてプルーンジャムを作りましたので紹介します。

プルーンジャムの作り方

準備するもの

  • 鍋(ジャム用):ステンレス、ホーロー、土鍋など酸に強いものがよい
  • 鍋(煮沸用):倒した瓶を湯に沈めることができる深めの鍋
  • 瓶(保存用):市販ジャムの空き瓶など、できたジャムを保管する蓋付のもの

材料

  • プルーン
  • 砂糖:プルーンの重さの20%~40%くらいで好みで調整
    熟したプルーンだと甘みが強いので砂糖を減らします。
  • レモン果汁:他の柑橘類の果汁やクエン酸も可
    私は「ポッカレモン100」を使用しました。
    量はプルーン400gに対し大匙一杯程度。

作り方

プルーンジャム1

  1. プルーンを洗って半切りにして種を取る
    へたがあればへたも取ります。
  2. プルーンを小さく切って鍋に入れ、砂糖を加える
    砂糖は最初少なめに入れ、後で味を見て追加したほうがよい。
  3. 一時間ほど放置する
    右の写真のように水分が出てきます。
  4. 平行して瓶を煮沸殺菌する
    別の鍋に保存用の瓶とその蓋を入れ、熱湯で煮沸殺菌します。
    瓶は横にたおして沈め、全部沈まない場合は途中箸で回転して全体を殺菌します。
  5. 3のプルーン入り鍋を中火で煮る
    • プルーンジャム2煮立って灰汁が出てきたらすくい取る
    • 実がやわらかくなってきたら木べらでつぶす
    • 焦げないように時々かき混ぜる
      トロリとしてくるまで15分から20分ぐらいでしょうか。
      私は40分くらい煮ました。
  6. レモン果汁を加える
    果汁を加えてかき混ぜ、一煮立ちして火を止めます。
    ジャム自体はこれでは完成です。(右の写真)
  7.  瓶詰め
    以下、ミトンなどを使用して火傷しないよう注意してください。プルーンジャム瓶
    • 煮沸殺菌した瓶を取り出し、スプーンでジャムを入れます
    • 瓶の肩までお湯に漬け、軽く蓋を乗せ、もう一度煮ます
    • そのままの位置で蓋を軽く閉め、取り出して蓋を再度きつく閉めます。
  8. 自然冷却します。
  9. ラベルを貼ります
    冷めたら品名と日付を書いたラベルを貼り付けて完成。(右の写真)
    商品名「リムカ」という糊付きラベルは使用後に剥がし易くてよいです。
 経験上、保存食品のラベルは重要です。ラベルが無いと自分でも中身や調理日がよくわからなくなったりすることがありますから。人にあげても結局食べずに捨てられたりする可能性があります。

作ってみて

出来上がりは当初の写真のように色がきれいです。

味は、今回プルーン自体が熟していたことと残り物のグラニュー糖を使用したのが原因か、食パンには甘すぎた感じですが、ヨーグルトにはちょうどよく、たっぷり入れて食べています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る